新潟市を拠点とするアイドルユニット、NGT48において、メンバーの一人が男性数人による住居侵入、暴行寸前に至った事件に対して、運営するAKSが危機管理上、最悪の対応をとったことで話題になっています。

事件は昨年12月8日午後9時ごろ発生。山口は公演を終えて帰宅した際、自宅マンションの玄関先に押しかけた、いずれも20代の無職の男と大学生の男から顔をつかんで押されるなどの被害を受けた。ケガはなかった。県警は翌9日に2人を逮捕。「好意を持っていた。話をしたかった」などと供述したという。男2人は暴行の容疑については否認。その後、不起訴になり釈放された。
山口は自身のツイッターで「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、あるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました」と驚きの内容を指摘していた。
(スポーツニッポン)
犯人が不起訴処分になったと言っても、検察審査会に異議申し立てをすれば処分が正当かの審査が行われ、不当と判断されれば起訴が可能となっています。

それにも関わらず、運営を行うAKS側は、不起訴となったから犯罪では無いと突き放し、精神的なダメージを負っている、犯人の裏にいる人物に心当たりがあると訴えていることについても、あたかも被害妄想だ、これ以上NGT48のイメージダウンを行うなと、逆に山口をNGTを破壊する加害者のように扱っていきました。

世間からも批判を浴び、後援している新潟市もキャンペーンキャラクターの起用を保留するなど、AKSに対して正しいジャッジを求めてきましたが、結果は最悪のものでした。

元々あった2つの活動グループを解散し、1期生としてひとつにまとめ、グループの副キャプテンだった山口を事実上「窓際」へと追いやったのです。
山口は「蛇の生殺し」状態となり、自分から辞めさせる環境に追い込んだのです。
結局山口は「卒業」を宣言してNGTを離れることとなりました。

AKSの立場から言えば、総選挙でも下位にいる山口よりも、トップ10にいるY.Oや人気のA.T、M.N、大手事務所あるいは多額のグッズ購入を行っている「お得意様」のいるメンバーを売っていった方が利益になるという判断を下したのです。
「モラル」よりも「カネ」を優先したのです。

一般企業に例えると

そこそこの業績を上げている女性の管理職が、彼女に嫉妬するライバル、同僚によって雇われた半グレによって住居侵入、性的暴行の恐れがあり警察に通報、半グレは逮捕されたものの証拠不十分で不起訴処分となりました。

しかし、半グレを雇ったライバルは最も営業成績を挙げていて、彼を解雇すれば会社の経営が傾く恐れがあったため、会社側は被害に遭った管理職の女性を「被害妄想で勝手に暴行されたと言い放ち、同僚を不当に貶めている」と決めつけ、窓際へと追いやり、辞職に追い込みました。

もし、このやり方を不当だと労働基準監督署、あるいはマスコミに訴えて世間に知られてしまえば、その会社の信用は失墜し、倒産は免れないでしょう。

AKSにしても、NGT48のほか、AKB48等の他のグループに対する信用、イメージは失墜したことは間違いないでしょうが、まともなビジネスが出来なくなっていることに気付いているのでしょうか。

もっとも、AKSのフロントメンバーが芸能界、マスコミ、さらにはパチンコ業界と、世間一般のコンプライアンスがしっかりした業界とはかけ離れた人物しか居らず、彼らの頭にコンプライアンスやガバナンスという文字はないのでしょう。
場当たり的、事なかれ主義で自体を隠蔽しようとするやり方は、危機管理として最悪の方法です。

アイドルという清純さを売りにするタレントでビジネスをする以上、ダーティなイメージを持つメンバーを外すのは、例え損失が発生しても、長期的に見れば正しい判断のはずです。